xmの証拠金維持率は何以上なら安心?ロスカットや表示されない場合も! | 海外FXの口座開設の達人

xmの証拠金維持率は何以上なら安心?ロスカットや表示されない場合も!

xmの証拠金は何以上なら安心?

ロスカットやxmの証拠金が表示されない場合の対処についてもお伝えしていきます。

xmの証拠金とは

ハイレバレッジが魅力のxmですが、取引の際には証拠金に注目しつつ進めていく必要があります。

そもそも証拠金とは、取引を行う上での担保となるお金です。

 

つまり、この証拠金があるからこそ、ハイレバレッジの取引も扱ってもらうことが可能なのですね。

なお、xmでは、資金が不足してマイナス残高となっても追加の証拠金を支払う必要はありません。

 

なぜなら、xmではゼロカットシステムというものを導入しているためです。

このシステムは、国内fxなどにはない画期的なシステムといえますし、より積極的な取引を推進してくれるものともいえますね。

 

しかし、口座の残高が不足してマイナスとなっていても、有効証拠金がマイナスでない場合は、ゼロカットが行われない場合もあります。

xmの証拠金とロスカット

xmにおける証拠金を考える上で、ロスカットの見方はとても重要な役割を果たしています。

ちなみに、先ほど「ゼロカット」という言葉が出てきましたが、これと「ロスカット」はまったく別ものなんですね。

 

というのもロスカットとは、持っているポジションに対して損失部分が大きくなった場合に、強制的にポジションを手放させるためのシステムだからです。

このロスカットとは、損失がどんどん膨らんで口座残高が0になるのを防ぐ目的があります。

 

しかし、相場が急変動した場合などはこのロスカットが間に合わないこともあるため、そのような場合にゼロカットがなされるのです。

そんなロスカットでは、証拠金の維持率に注目することが不可欠です。

 

では、そんなxmの証拠金維持率がいくら以上ならば良いのか、その見方についてさらに詳しくお伝えしていきます。

xmの証拠金は何以上なら安心か

xmの証拠金維持率は、何以上なら安心なのでしょうか?

それを考えるにはまず、xmにおいてどのようなタイミングでロスカットされるのかについて知っておく必要があるでしょう。

 

結論からいえば、xmでロスカットが起こるタイミングは、xmの証拠金維持率が20%を下回った場合なんですね。

つまり、xmの証拠金維持率が20%を下回るのは、完全にアウトなのです。

 

しかし、ロスカットが起こるxmの証拠金維持率を知ったからといって、それだけでは安心とはいえません。

実際に安心できる目安としてはxmの証拠金維持率を100%以上を保っておくことです。

 

xmの証拠金維持率が100%以下となるとロスカットの可能性が出てきますので、チェックしておくと安心でしょう。

xmの証拠金とハイレバ

xmはハイレバなのが特徴ですが、具体的には、

  • xmのマイクロ口座のレバレッジ:888倍
  • xmのスタンダード口座のレバレッジ:888倍
  • xmのゼロ口座のレバレッジ:500倍

となっています。

 

一方で、それぞれの口座でハイレバ取引を行うための必要証拠金は、1ドルが110円とすると、

  • xmのマイクロ口座(レバレッジ888倍):12,387円
  • xmのスタンダード口座(レバレッジ888倍):12,387円
  • xmのゼロ口座(レバレッジ500倍):22,000円

これらの金額が最低でも必要になってきます。

 

しかし、xmでは口座の残高に応じて、ハイレバが引き下げられてしまうこともあるんですね。

ですから、xmの特徴でもあるハイレバを活かした取引を行いたいのであれば、証拠金維持率や口座残高がいくらかなど計算しながら取引を行うことが大切といえます。

xmの証拠金維持率が表示されない場合

xmで証拠金維持率が表示されない場合、mt4の表示項目の中に「証拠金維持率」が入っていない可能性があります。

では、具体的にどのように対処したらよいのかというと、「取引」というメニューから表示項目の設定を変更することが可能です。

 

ターミナルウィンドウからメニュー項目を選び、表示させたい内容をチェックすることで、画面上に表示させることができますよ。

反対に、表示させたくない項目は、チェックを外すだけでOKです。

 

xmでは、豪華なボーナスクレジットが目玉となっていますが、このクレジットも証拠金として利用することが可能です。

そのほか、xmのデモ口座では証拠金が不足した場合、さらに証拠金を追加することはできませんので、新しくデモ口座を立ち上げるようにしましょう。

コメント