xmのデモ口座の開設方法やログインできない場合は?期限やメリット、注意点も解説! | 海外FXの口座開設の達人

xmのデモ口座の開設方法やログインできない場合は?期限やメリット、注意点も解説!

海外FXの知恵袋

xmのデモ口座の開設方法は、とてもシンプルでスピーディーに進められるのが特徴です。

その理由は、xmのデモ口座では書類提出や住所の登録などの必要がないからなんですね。

 

そんなxmのデモ口座の開設方法やログインできない場合の対処方法、期限などについて、詳しく解説していきます。

また、xmのデモ口座のメリットや注意点などもお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

xmのデモ口座の開設方法

xmのデモ口座の解説方法は、

  1. xmのデモ口座用の登録ページにて、個人情報を半角ローマ字にて入力する
  2. 取引口座の詳細(取引プラットフォーム・口座タイプ・口座の基本通貨・投資額)を入力する
  3. 口座のパスワードを決定する
  4. 確認メールをチェックする

以上の手順に従って、進めていきましょう。

 

なお、確認メールには、

  • 取引プラットフォーム(MT4またはMT5)のID
  • サーバー情報

このような内容が含まれています。

 

これらの情報は、取引プラットフォームへのログインの際に必要な情報となります。

そのため、紛失しないように注意しましょう。

xmのデモ口座へログインできない場合の対処方法

xmのデモ口座へログインできない場合は、いくつかの原因が考えられます。

たとえば、

  • MT4のダウンロード時期がかなり古い(2015年以前である)
  • パスワードをミスしている
  • 取引プラットフォームを間違っている(MT4なのにMT5を選択しているなど)
  • 三ヶ月以内に口座を利用していない

こういった原因がある場合、「無効な口座」や「回線不通」と表示されてしまいます。

 

そのため、これらの原因を解除しなければ、xmのデモ口座へのログインはできないということになります。

しかし、これらの原因に当てはまっていないのにもかかわらず、xmのデモ口座にログインできない場合は、サポートデスクへの確認がおすすめです。

 

または、再度xmのデモ口座を開設し直すのが良いでしょう。

xmのデモ口座の期限

xmのデモ口座では、期限は特に設定されていません。

そのため、xmのデモ口座を利用する際は、特に期限を気にすることなく利用することが可能です。

 

また、xmのデモ口座では維持費なども無料で利用できるのが嬉しいポイントです。

そのため、気軽に利用することができますね。

 

ただし、三ヶ月以内の利用がない場合、xmのデモ口座は使用できなくなってしまいます。

このような事態になってしまった場合は、サポートデスクへ連絡して、再度xmのデモ口座を使えるようにしてもらう必要があります。

xmのデモ口座のメリット

xmのデモ口座のメリットとしては、何と言ってもスピーディーに口座を開設できることです。

書類などを準備する手間もないため、ストレスなくxmのデモ口座を利用することができますよ。

 

また、xmのデモ口座は本物の口座と同じようにトレードを行うことができるのもメリットの一つといえます。

さまざまな使い方が可能ですので、ぜひxmのデモ口座を利用してみてくださいね。

xmのデモ口座の注意点

xmのデモ口座の注意点としては、本物の口座と比べると約定力などにどうしても差が生じやすいということを理解しておく必要があります。

また、レバレッジを変えたり、資金を新たに入金するといったこともできないため、あらかじめ確認の上、設定するようにしておきましょう。

 

そのほか、xmのデモ口座ではマイクロ口座には対応していない点にも注意が必要です。

スタンダード口座、ZERO口座などには対応していますので、xmのデモ口座をご利用の際は、こちらの口座を検討しましょう。

 

なお、いずれxmのマイクロ口座を利用したいと考えている方には、スタンダード口座でxmのデモ口座を利用するのがおすすめです。

xmについて、さらに詳しく知りたい方はこちらからどうぞ>>>

XMの評判は?入金と出金のやり方や口座開設情報まとめ

コメント