tradeviewの評判は?入金、出金のやり方や口座開設とレバレッジを解説! | 海外FXの口座開設・比較の達人

tradeviewの評判は?入金、出金のやり方や口座開設とレバレッジを解説!

海外FX業者一覧

tradeviewは運営歴の長いブローカーとして知られていますが、その評判はどうなのでしょうか?

ここでは、tradeviewの入金や出金、口座開設などを通して、その評判をお伝えしていきます。

tradeviewの入金

tradeviewでは、いくつかの入金方法があります。

  1. bitwalletを利用したカード入金(手数料無料)
  2. BitPayを使ったビットコイン入金(公式サイト推奨)
  3. STICPAYを使った入金(入金額2.5%に加えて、0.3〜35ドルの手数料あり)
  4. 銀行送金(高額入金におすすめ)
  5. Upholdを利用した入金(日本語は対応していない)

などがあります。

 

おすすめは、bitwalletを利用したカード入金です。

日本人向けのサービスを意識し出している傾向にあり、今後はより快適に利用できるでしょう。

tradeviewの出金

tradeviewの出金は、マネーロンダリングを防ぐために入金方法と同じ方法で行う必要があります。

また、他人名義の口座には出金できないため、注意が必要です。

 

tradeviewの出金面でもbitwalletの利用がおすすめです。

しかし、国内口座で引き出し可能にするまでに、1,000円ほどの手数料はかかります。

 

ですが、他の方法に比べると手数料は安価といえますし、2〜3日程度で出金できるのも魅力です。

とはいえ、FX初心者にとってはなかなか理解しづらい点が多いのも事実。

 

そのため、tradeviewの評判はFX中上級者向けというのが正直なところといえるでしょう。

tradeviewの口座開設

tradeviewの口座開設は、10分程度で申請を行うことができます。

tradeviewの口座開設ページはこちら↓

トレードビュー|Tradeview 口座開設 | Tradeview Forex
トレードビュー口座開設ページはこちらです。口座開設申請はオンラインで数分で完了します。トレードビュー【Tradeview】はFX、株式、ビットコイン、CFDトレードで業界最狭の スプレッドを誇るネット証券会社です。Tradeview 口座種類はMT4、MT5、Cトレーダー口座など、世界のトレーダーに理想のトレード環境を...

 

tradeviewの口座開設手順は以下の通りです。

  1. 取引プラットフォームと取引口座の通貨を選択
  2. 基本情報を入力
  3. 米国市民権についての情報をチェック
  4. 取引経験を入力
  5. 身分証明書と居住証明書を提出
  6. 署名

このような流れで、登録を行います。

 

このように、tradeviewの口座開設方法はとてもシンプルといえます。

tradeviewでは、日本人スタッフも配置しているため、不明点は気軽に確認することができますよ。

tradeviewのレバレッジ

tradeviewの最大レバレッジは400倍です。

しかし、tradeviewでは口座タイプによってレバレッジが変わってきます。

 

具体的には、ILC口座 (ECN口座)では最大200倍のレバレッジとなります。

これは、日本語で利用した場合のみですので、注意が必要です。

 

そのほか、cTraderでは最大400倍のレバレッジです。

そんなtradeviewは、大きく稼ぐよりもコツコツと取引したい方に向いているといえます。

 

レバレッジ変更の申請フォームはこちら↓

トレードビュー|レバレッジ変更申請
トレードビュー口座のレバレッジ変更申請はこちらから可能です。Tradeviewは外国為替(FX)、株式、原油、ゴールド、CFDトレードで業界最狭のスプレッドを誇るネット証券会社です。世界のトレーダーにMT4、カリネックス、Cトレーダー等をご提供しています。

tradeview ctrader

tradeviewでおすすめのプラットフォームは、cTraderです。

cTraderは板情報が公開されており、見やすく扱いやすいのが特徴です。

 

また、高速約定のスピードも魅力的ですし、約定拒否や取引制限がないのもポイントです。

ただし、最新版で日本語の情報も少ないため、導入の障壁が高いプラットホームともいえます。

 

それでも、tradeviewでの透明性のある取引に貢献してくれるのは間違いありません。

cTraderではMT4では利用できない機能が搭載されていますし、一度試してみる価値があるプラットホームといえるでしょう。

コメント